ニュースリリース

サルフォルセ(果実堂グループ)の活動が本格化しています。

<売りたい><売れない>を<売れるに変える>をミッションに、昨年春に設立された販売コンサルタント会社サルフォルセ(http://www.salforce.co.jp)。

<儲かる農>を目指して地方の農産品を都内大手量販店に<繋ぐ>ことに取り組んでいます。

ふるさと納税1位、佐賀牛で有名な佐賀県上峰町の農産品のフェアが都内の高級スーパーで開催され、上峰町の地方創生プロジェクトメンバーのサルフォルセも参加しました。

(写真1枚目のシェフはサルフォルセ久池井社長)

170205-news-p1

170205-news-p2

170205-news-p3

天気、天候、気候、気象を学ぶ。

日本一のベビーリーフ会社を目指す果実堂は、社員全員を対象とした<気象塾>を開催しました。

世界的に見ても季節の変化に富み、雨が多く、縦長で、山脈も多い日本。

このため日本列島の天気は、多くの要素が複雑に絡み合い予測が困難と言われています。

それでも果実堂が農業会社である限り、社員の勉強会は続きます。

170222-news-p1

170222-news-p2

発芽技術の可能性を求めてカリフォルニアへ。

独自の特許技術で大豆の栄養価を著しく高める〈落合式ハイプレッシャー法〉。そのマーケットを求めてベジタブル製薬がカリフォルニアを視察しました。調査対象は大手製薬会社ファイザーの探索部門から、有機栽培の取り扱いで著名な高級スーパー・ホールフーズの惣菜コーナーまでに及びました。

本視察は中小企業基盤整備機構「海外ビジネス戦略推進支援事業」の採択を受けて行われました。

IMG_4503

IMG_4495

レインボーグローサリー

果実堂テクノロジーが農商工等連携事業計画の認定を受けました。

環境制御型・高機能ハウスの開発を手がける果実堂テクノロジーが、経済産業省から農商工等連携事業計画の認定を受けました。本コンソーシアムには東大発ベンチャー企業で高感度環境センサーの開発に成功したSenSprout社(http://sensprout.com/ja)をはじめ徳島大学、九州大学などが参加し〈IoT活用による高機能・農業用ハウスの開発〉に向けた取り組みを行なっていきます。

(写真右が九州経済産業局長 髙橋様)

170213-news-p1

170213-news-p2

農業の果実堂が<トヨタ生産方式>を学ぶ。

<ジャストインタイム><ニンベンのついた自働化>とは何か。

トヨタ自動車九州TPS推進室の皆様から真の<トヨタ生産方式>とは何かを学ぶ機会を頂きました。

普段はベビーリーフ農場やパッキング工場の現場で汗をかくスタッフが、座学やブロックを使った実技を通して<価値を生む働き>について考えました。

170211-news-p1

170211-news-p2

170211-news-p3

果実堂の人、ひと、ヒト11『森田佳代子主任(品質管理)』

年間600万パックものベビーリーフが出荷される熊本本社工場。その品質の見張り番が森田佳代子主任です。

果実堂の理念である〈有機栽培〉を守り抜くために春秋は害虫、梅雨は軟弱幼葉、夏は温度、冬は飛来物を徹底的に監視しています。一旦、緊急事態が発生すると、たとえ相手が上司であっても体当たりしてマシンガントークが炸裂します。それだけ果実堂のベビーリーフを愛しているのです。

しかし素顔は食べることが大好きな優しい火の国娘です。

170208-news-p1

170208-news-p2

只今、果実堂のCM撮影中です。

果実堂のベビーリーフの年間生産量は600トン。そのうち97%以上が東京、大阪、名古屋をはじめとして他県に出荷されています。

このため熊本県内での知名度を上げるために、またベビーリーフをたくさん買ってもらうために、県内放送向けのテレビコマーシャルを制作しました。放映は3月の予定です。

170204-news-p1

170204-news-p2

170204-news-p3

ちょっと横から果実堂のレシピ⑧

カラダに優しい“発芽大豆入り チョコレートケーキ”いかがですか?

果実堂の発芽大豆は落合式ハイプレッシャー法でイソフラボンがたっぷり!チョコレートのカカオポリフェノールとも相性抜群です。これで今年もハッピーバレンタイン♪♪

ƒŒƒVƒs”­‰è‘哤“ü‚èƒ`ƒ‡ƒRƒŒ[ƒgƒP[ƒL

≪発芽大豆入り チョコレートケーキ 材料≫
おいしい発芽大豆
☆チョコレート(板チョコ) ☆卵