ニュースリリース

初夏は【ゴールデンライム胡椒】でピリッと!

大豆エナジー㈱サルフォルセ事業部の久池井部長が今本気で取り組んでいる商品が【ゴールデンライム胡椒】*です。

「私が流通アドバイザーをしている時に福岡県小郡市の野菜農家・永利美津枝様が開発された本商品に出会いました」と久池井部長。「完熟ライムは和歌山県産。塩はフランスのゲランドの塩を使用。鍋、肉、魚料理に相性は抜群で、昨年は三越伊勢丹のオンリーMI**にも選ばれました。百貨店の催事ではなんと初回から新記録を ……」鼻息の荒いマシンガントークが止まりません。

まずは是非一度ご賞味下さい。

*㈱RUSH FARM、定価90g 1,200円・40g 780円、岩田屋(三越伊勢丹グループ)、阪急キッチンエール九州
**オンリーMI:三越伊勢丹が推奨する名産品

180530-news-p1

(写真はサルフォルセ事業部の久池井部長)

180530-news-p2

果実堂のPOP!ポップ!ぽっぷ!

果実堂の初夏POP、梅雨向けPOP、盛夏POPが完成しました。

初夏はローストビーフで体力アップ、梅雨は土用の丑の日にうなぎとパプリカでスタミナサラダ、盛夏は旬野菜の茄子でさっぱりと。すべてのお皿にベビーリーフを添えることで美味さが倍増です。

おかげさまで果実堂のお客様は全国150社様。お店の数は1500店舗を超えました。
果実堂のPOPを皆様の街で見かけましたら、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ローストビーフとベビーリーフのナストマト

180527-pop6

うなぎとパプリカのベビーリーフサラダ

180527-pop7

キュウリとナストマトのベビーリーフ豚しゃぶサラダ

180527-pop8

知っトク!なっトク!果実堂③【カラーソーターって何ですか?】

ベビーリーフパッキング工場に入ると、大きな機械が鎮座して、なにやら唸るような低音とバチバチバチと何かを弾くような高音に遭遇します。
これはいったい何の機械でしょうか。

(工場管理部 坂本サブリーダー)
これは異物を選別、除去するための「カラーソーター」というオランダ製の機械です。2つのカメラと2つのレーザーで異物を感知した後にエアガンで除去する仕組みになっています。

なんとベビーリーフと異物である害虫や農場飛来物を瞬時に見分けて除去してくれる頼もしい味方なんです。でも、とっても高価な機械なんですよ(笑)。
果実堂では熊本と三重の工場に「ベビーリーフ業界としては初めて」導入しました。

これからも有機栽培ベビーリーフをお客様に、より安全安心に食べてもらうために努力していきたいと思っています。

(写真は坂本サブリーダー)

180520-news-p1

180520-news-p2

180520-news-p3

今回登場の坂本健二リレーブログはこちらをクリック

恒例中の恒例、果実堂の大BBQ大会。

果実堂のBBQ大会の歴史を紐解くと、創業間もない時にベビーリーフ栽培が一番厳しい季節(魔の100日間・6月~9月)を迎えるにあたって、社員、パートの団結を図るために西原村の旧パッキング工場の駐車場で小さく始めたのがきっかけでした。

ためらう工場パート社員を社長が玄関に仁王立ちして参加させていました。

それから10年。今年の参加者は135名にもなりました。
いつまでも<団結することの大切さ>を忘れない果実堂でありたいと思います。

180523-news-p1

180523-news-p2

180523-news-p3

果実堂の人、ひと、ヒト17『渡邉章宏サブリーダー(工場管理)』

ある晩、二次会の酒の席で、社員のひとりがポツリと言いました。
「あきちゃん(渡邉くん)がいなかったら、果実堂を辞めていたかもしれない・・・感謝している」
渡邉くんのまわりには、まるで暖かい陽差しを求めるように人が集まってきます。
不思議な笑顔、決して怒らない性格、第一級の聞き上手、そして勤勉。

12年前のこと。初めて借りる予定のビニールハウスから煙が出てました。事もあろうにハウス中央でたき火をしている青年がいました。
その青年は不思議な笑顔のまま救出され、そのまま面接もなく果実堂の社員になっていました。
やがて〈あきちゃん〉と命名されました。

果実堂グループの社員、パート総数は160名。しかし全員がいつも幸せとは限りません。
だから、あきちゃんは今日も悩みを抱えた社員の心を静かに癒してくれるのです。

(写真左から2番目が渡邉サブリーダー)

180513-news-p1

180513-news-p2

(創業当時の渡邉サブリーダー(写真中央))

180513-news-p3