ニュースリリース

夏の絵葉書

残暑お見舞い申し上げます。
 

暦の上では立秋を過ぎましたが、日本列島では例年にない猛暑が続いております。
 

果実堂社員も、農場、工場、営業、研究所のそれぞれの現場で、暑さに負けじと奮闘しております。
 

皆さまにおかれましても、呉々も御自愛の程をお祈り申し上げます。

 

令和1年8月15日

果実堂グループ社員一同

zansyo

常識を覆す1年保存可能な豆腐。

大豆エナジーでは常温レトルトタイプでなんと1年以上保存可能な豆腐の開発に成功しました。

Q:なぜ、そのように長期保存が可能なのでしょうか。
泉研究員:豆腐は長く保存しようと思って高温で処理すると形がバラバラになって崩れてしまいます。だから長期保存が難しい食材だと言われてきました。しかし落合式ハイプレッシャー法を用いた大豆では酵素が活性化し、分子量の小さなペプチドやアミノ酸の量が増えています。この結果、網目が非常に小さくなり離水しない構造へと変化し、高温で処理しても形が崩れません。特許を申請中です。

Q:この豆腐は、どのように市場で求められるのでしょうか。
泉研究員:例えばセントラルキッチンを持ち麻婆豆腐などの豆腐食材を提供している外食レストランやレトルト食品会社では有効利用できると思ってます。

大豆エナジーの豆腐はまず非常に美味しい、しかも長期保存が可能!。これから、いろんな市場で活用されることを期待したいですね。

‚Q‚•À‚×

190807-news-p2

猛暑警報!果実堂 安全衛生委員会の出番です!

熊本では8月中旬まで連日33~35度の猛暑日が続くとの予報がでました。
ハウス内温度は40度を超えます。
そこで果実堂の安全衛生委員会の中尾勝次郎委員長に対策を伺ってみました。

Q:厳しい暑さから社員を守るために、どんな対策を取られていますか?
A:特に農場で働く社員のために、毎朝の体調チェックやメールと掲示板での注意喚起など対策をとっています。
また、昼食後は休憩室で仮眠をしっかりとることも義務付けています。
本社の女性スタッフには農場社員のために冷たいスポーツドリンクを毎日用意して頂いてます。

Q:日頃から安全衛生委員会のメンバーはどんな活動をしているのでしょうか。
A:メンバーは農場、工場、管理、大豆エナジーの各部署から選任され全員で11名です。
猛暑期は当然ですが、台風や豪雨、濃霧、路面凍結の時にも注意喚起を行っています。
また各部署の危険箇所のカイゼンや通勤時の安全運転の徹底などを指導しています。

Q:社員に向けてひと言をお願いします。
A:果実堂は創立以来、<安全第一、利益第二>の精神で事故防止に取り組んでいます。
果実堂を<安全のある場所>にするためには社員の皆さまの協力が必要です。
是非ともわれわれの活動にご理解ください。

190804-news-p1

(安全衛生委員会の中尾委員長)

190804-news-p2