ニュースリリース

シアトルに行ってきました。

米国ワシントン州シアトルで開催された「Costco Supplier Day」に果実堂が出席しました。

Costcoはシアトルに本社を持つ世界的な倉庫型小売店です。全世界に782店舗を展開中で売上高14兆円を超えています。

日本のCostco様とは創業間もない頃から果実堂が手がける有機栽培ベビーリーフを評価頂き、今では全店舗でお取引きをさせて頂いています。また発芽大豆も取り扱って頂いております。

今回のシアトルの大会では世界中のCostco関係者が一堂に会して、あらためて世界的企業のスケールの大きさを肌で感じることが出来ました。

(スクリーンに写るのがCostco CEO W. Craig Jelinek氏)

190918-news-p1

190918-news-p2

(シアトルの街並み)

190918-news-p3

有機栽培を続ける覚悟。

果実堂恒例の〈雑草取り〉の季節が巡って来ました。

今年の夏は、前半は猛暑、中盤は長雨と台風、そして後半に再び猛暑が舞い戻ってきました。

まだまだ厳しい暑さが残る有機栽培ベビーリーフ農場で、本社男性総出での雑草取りが粛々と行われました。

190915-news-p1m

190915-news-p2

190915-news-p3

見守って頂き感謝しております。

北九州銀行の藤田光博会長様と嘉藤晃玉頭取様に果実堂を訪問して頂きました。
研究所をご視察され、果実堂の有機栽培ベビーリーフをご試食頂きました。

北九州銀行の熊本支店様は今年40周年を迎えられました。
祝賀会には熊本を代表する企業が多数出席され、地域との紐を大切にされています。
熊本地震直後には未だ大きな余震が続いている最中、益城町の果実堂本社に駆けつけて頂きました。

果実堂は、これからも<成長する農業>を目指して参ります。

(写真左が北九州銀行 嘉藤頭取様、中央が藤田会長様)

190911-news-p1

190911-news-p2

果実堂の人、ひと、ヒト22『中村吉之さん(工場管理)』

中村吉之さんは入社13年目になります。果実堂のパッキング工場がまだ西原村にあった時から梱包の責任者をしてもらっています。
クリスマスシーズンにもなると2,500個の段ボールを梱包しなければなりません。
まさに時間との闘いですが「絶対に誤配しない」がモットーです。

背筋を伸ばし凛として仕事に取り組む後ろ姿には、新入社員がなかなか近寄りがたい雰囲気が醸しだされていますが、果実堂に対する印象は?と聞くと「厳しいけど<和>がある」と答えられました。
まさに仕事中の中村さんの印象そのものです。

仕事場を一歩離れると「孫は憎たらしいほど可愛い」とやさしい笑顔に戻られました。
中村さんは以前は衣料関連の仕事をされていました。趣味は家庭菜園とのことです。

 

(写真右が中村吉之さん)

190908-news-p1

190908-news-p2

やまぴーの営業日記その⑰ 管理部の集まりは必ずここ『八木八』

熊本市の繁華街は活気あふれる「下通り」とシックな大人の街「上通り」があり、その上通りの奥まった「上乃裏」にあるのが『八木八~やぎや~』さんです。

ダンディな髭が素敵な八木オーナーシェフは、神奈川のホテルなどで修業を積まれ独立、今年で27年目。モットーは「使いたい食材を自分の目で見て選び、安心安全な食材をリーズナブルな価格で提供する」こと。

人気の“気まぐれサラダ”と“和牛ホホ肉のワイン煮”を頂くと、絶品の美味しさにあっという間に完食!

実は八木八さんとは偶然の縁が多く、河野取締役の娘さんが以前アルバイトをされていたり、果実堂の最初のお客様エースイワサキさんから食材を仕入れられていたり!
色々なお話を聞いてディナーの時間は楽しく過ぎていきました。

(写真は八木昭二オーナーシェフとご長男さん)

190904-news-p1

190904-news-p2

190904-news-p3