社員リレーブログ

異物混入に対する「果実堂」の考え方

監査役 池阪和彦
監査役 池阪和彦

食品から虫などの異物混入を完全に防ぐのは難しいが、肝要なのは、混入原因の特定と、徹底した衛生及び品質管理である。
会社が慌ててパニックに陥ったりしてはならず、飽くまで冷静且つ科学的な対応を心がけている。

20150121