ニュースリリース

さあ!クリスマス特大出荷の始まりです!

今年も【てんやわんや】の季節がやって参りました。農場の社員も営業の社員も大豆エナジーの博士号研究員も株式公開担当の社員も、さらには戦力外通告を受けている社長までもがパッキング業務に駆り出されます。

泣いても笑っても2018年最後の大取引です。

一致団結こそが果実堂の社風。だからこそ皆んなが一丸となって〈駆動〉して、大切なお客様のもとにベビーリーフお届けして参ります。

Merry Christmas!

181216-news-p1

181216-news-p2

181216-news-p3

気持ちがひとつになるまでの月日。

10年前の出来事。「それは会社命令ですか?」と怪訝な表情で工場の石井室長(当時は準社員)が言い放ちました。会社の行事の忘年会やBBQ大会にわざわざ工場パート社員までが出席する必要はないと考えていたのです。

その結果、やれ親の面倒が大変、やれ子供の送り迎えがある、という理屈をつけてパート社員の集まりが悪く、創業期の果実堂の忘年会は寂しいスタートとなりました。

それから10年、先般の果実堂の忘年会は出席者が140名を超え、パート社員もほぼ全員出席となりました。
今度は石井室長が〈うれしの農園〉の初めての忘年会に出席して、まだまだ欠席者が目立つ中、10年後の姿を夢見て大いに盛り上げてくれました。

(写真手前中央が石井室長)

181212-news-p1

(辻製油/辻保彦会長様)

181212-news-p2

(井出社長)

181212-news-p3

果実堂にピンク帽が登場しました。

東京や大阪の野菜関連パッキング工場を見学すると深いため息が出ます。
外国語が飛び交う過酷な労働現場、退職者の続出、高騰する人件費、メンテナンス不足による機械故障の多発…
果実堂のベビーリーフパッキング工場は<1960年代の家族経営>と揶揄する人も多いですが、何がいけないのでしょうか。社員が会社を愛してくれるからこそ、カイゼン魂が根付き、ニンベンのつく自働化、機械化、効率化が達成できるのです。

果実堂では勤続5年を超えるパート社員はピンク帽を被ることにして後進の指導にあたることになりました。ちなみに10年以上勤務のパート社員は9名おられます。

(緑帽:1年未満、白帽:1年以上、そしてピンク帽:5年以上のパート社員)

DSC00462★★★オフショット(縮小)

IMG_9252★★★有川さん1縮小

DSC00434★★★河上広美さん(縮小)

目指せ!駆動する果実堂。

果実堂グループの忘年会がホテルエミナース(益城町)で開催されました。

今年の果実堂の標語は【駆動】です。
農場、工場、営業、センター、管理がしっかりと駆動して果実堂の車輪を前に進めていこうという想いが込められています。

2018年、はたして果実堂は駆動できたでしょうか?
社員全員で今年一年を振り返りながら楽しい忘年会のひと時を過ごすことが出来ました。

宴たけなわで社員研修塾〈四季塾〉のメンバー発表もあり会場は大きく盛り上げりました。

181205-news-p1

181205-news-p2

181205-news-p3

ちょっと横から果実堂のレシピ⑮

パーティーにもぴったり《ベビーリーフとチキンのサンドイッチ》

ミネラルたっぷりの果実堂ベビーリーフと甘夏を贅沢に使った甘夏ドレッシングで和えたにんじんに、チキン、卵焼きを食パンでぎゅーっとサンド。美味しいだけじゃない!彩り鮮やかでパーティーに華を添えてくれます。

●材料●

果実堂ベビーリーフ…1パック
にんじん…1/2本
鶏肉…100g
卵…2個
食パン…4枚
甘夏ドレッシング…適量
バジルソルト…適量

●作り方●

①にんじんは細く千切りにして甘夏ドレッシングと和える。
②鶏肉をバジルソルトで焼く。
③卵はお好みの味付けで卵焼きを作る。
④パンにベビーリーフと①②③を挟んでラップに包んだら完成。

★ポイント★チキンにマスタードを加えたりカレー味にしたり色んな味で楽しめます。

181202-recipe15