ニュースリリース

果実堂は有機栽培の原点を守ります。

果実堂の創業以来の伝統行事<雑草取り>が男子社員総出で行われました。

有機栽培農場ではベビーリーフに負けじと雑草も元気に育ちます。
一本一本、慎重に雑草を摘まんでは取り除き、ベビーリーフを守る作業を大汗を掻きながら続けました。

「伝統は若い社員に引き継がれて初めて伝統になります。猛暑の中での雑草取りを通して有機栽培の大切さを噛みしめてほしい」と井出社長は言います。

(写真後列右から8番目が井出社長)

180923-news-p1

180923-news-p2

180923-news-p3

大豆エナジーにQBキャピタル様からの投資が決定しました。

大豆エナジーはQBキャピタル様(http://qbc.co.jp)から1億円の投資を受けることになりました。

QBキャピタル様は九州を拠点として創業間もない研究開発型のベンチャー企業に対して積極的に起業化支援を行っている産官学連携型の投資会社です。

大豆エナジーが進めている九州大学、京都大学、熊本大学、(財)がん研究会との〈大豆の新規機能性物質の発見〉に関する研究成果や事業化を評価して頂きました。

 

↓ 詳細はこちら「当社子会社の第三者割当増資に関するお知らせ」

20180920_当社子会社の第三者割当増資に関するお知らせpdfをダウンロード

180920-news-p1

大豆エナジーの発芽タンクが10台になりました。

大豆エナジーでは今秋から発芽大豆を用いた豆腐、豆乳の大規模製造が始まります。
これを受けてテクノリサーチパークの工場では発芽タンクが5台から10台に増えました。

本タンクは落合式ハイプレッシャー法(特許第5722518号/特許第5795676号)の原理に基づいて食品用に特別に開発されたもので、発芽中の大豆に酸素、二酸化炭素、水温、湿度などを変化させストレスを与えることによりイソフラボン、グルタミン酸、アルギニン酸、GABAなどの有効成分を飛躍的に向上させることが出来ます。

「当社の発芽大豆の機能性が評価され受注が増えることは嬉しい悲鳴ですが、品質を保った量産体制を確立するまでは緊張の日々を過ごしています」と河野取締役は気持ちを引き締めています。

180916-news-p1

180916-news-p2

(写真は河野取締役 事業本部長)

180916-news-p3

うれしの魂を見せてあげましょう!

昨年は2度にわたり台風が来襲した三重県松阪市のうれしの農園(https://www.kajitsudo.com/ ureshino-farm)。今年も台風12号の直撃と、台風20号、21号の接近による猛烈な豪雨を経験しています。

それでも果実堂魂を受け継いで【うれしの魂】を発揮する社員たちは落ち込むことなく元気にフル活動を続けています。

「いつでも最善を尽くして台風対策に臨んでいます。どんな状況下でも大切なベビーリーフを守り抜くこと、被害があった場合は不屈の精神で復旧に励むこと、それがうれしの魂です」と水村統括リーダーは力強く語ってくれます。

(写真中央が水村統括リーダー)

180912-news-p1

180912-news-p2

お知らせ

omimai

この度の北海道地震により被災された皆様に心より御見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復旧復興を心より御祈り申し上げます。

 

株式会社果実堂

代表取締役 井出 剛