やまぴーの営業日記

やまぴーの営業日記その㉒ オーガニックと無添加の『米ディナンバー1』

こんにちは。やまぴーの営業日記2回目の登場 営業谷口聡がご紹介しますのは、三重県多気町の『米ディナンバー1(コメディナンバーワン)』様です。

使われているお野菜や果物はすべてオーガニックのもの。地元三重県産 うれしの農園の有機栽培ベビーリーフをご採用いただいております。

民家をリフォームした店内は雰囲気も相まって穏やかな時間が流れます。「どなたが召し上がられても満足感を感じてもらえるように」と話される店主のご夫婦は気さくなお二人なので、ぜひお話しを伺ってくださいね!

20221114-news-p1

やまぴーの営業日記その㉑ 福岡市東区千早『キッチン米一』リターン編

こんにちは。やまぴーの営業日記⑧でもご紹介した『キッチン米一』様に、今回は福岡営業所の西村卓也がお邪魔してまいりました。

『キッチンよい一日&キッチン米一』様は、ここ福岡市東区の千早店や春日店、西長住店で、“素材のおいしさ”を追求した心のこもった手作りの食事を提供されています。

果実堂の創業当初から12年以上変わらずに、果実堂ベビーリーフをご採用頂いております!感謝申し上げます!

昨年背の高いソファ席に改装されて、益々ゆったり落ち着いて食事を楽しめます。夏休みに子供たちと、無添加で体にも嬉しいおいしい食事に出かけませんか?

220808-news-p1

やまぴーの営業日記その⑳ 手書きPOPで想いよ届け!

お久しぶりです。やまぴーこと山下尚美です。
今回は番外編。外出が制限される今だからこそ、果実堂では商品を紹介する“手書きPOP”をつくって、売り場に飾らせて頂いております。

どんな特徴があるの?どんな人が育てているの?お客様の疑問に一目で答えられるように、一文字一文字に心をこめた“手書きPOP”も今では80種類に増えました。
“手書きPOP”を通じて果実堂商品を身近に感じてもらえると嬉しいです。是非、お買い物中に見つけてくださいね♪

そして新しい試みで、果実堂スタッフのお子さんたちに“母の日 手書きPOP”を書いてもらう企画も着々と準備中です。どんなPOPになるかお楽しみに。

–¼Ì–¢Ý’è-1

やまぴーの営業日記その⑲ 三重県津市『コトノハ』のラーメン?!

お久しぶりです。やまぴーこと山下尚美です。
コロナ禍で出張が自粛中のため、今回は三重営業所の谷口さんが取材してくれました!

津市の三重大学前にある大注目ラーメン店『コトノハ』様。ラーメンにベビーリーフ?と思われるかもしれませんが写真をご覧ください。芸術的な盛り付けで女性に人気なのが納得です。

見た目だけでなく味ももちろん一級品。帆立のエスプーマスープはコクがあり麺にしっかりと絡みます。麺もそれぞれのメニューに合せて選ばれてるんですよ。
スープの中にはレアチャーシューや具材が豊富なのも嬉しい!
使われる食材はこだわりの逸品ばかり。そのなかに果実堂のベビーリーフを選んで頂き光栄です。

言葉だけでは伝えきれない美味しさを是非味わってください!
スープなくなり次第終了なので、お早めに♪

200831-news-p1

(写真右は店主の松尾邦典様(左)と営業の谷口さん(右))

200831-news-p2

やまぴーの営業日記その⑱ ふるさとで愛され続ける「生協くまもと」様の『生協まつり』

果実堂創業時より大変お世話になっている「生協くまもと」様。
今年も毎年大盛況の『生協まつり』の季節となりました。

『生協まつり』は生協組合員様と直接顔をみてお話できる大変貴重な機会です。
この日ばかりは、工場でパッキングをしているパート社員、事務所でデスクに向かう社員も奮って参加します。

「栄養価が高いの?」「保存方法は?」「何に効果があるの?」組合員様は関心が高く、ベビーリーフや発芽大豆の質問がひっきりなしです。

「有機栽培にこだわった安全なベビーリーフを多くの組合員さんに届けたい!」生産者果実堂の想いをしっかりとお伝えし、また新たな果実堂ファンを増やすことができました。

191202-news-p2

191202-news-p3