やまぴーの営業日記

やまぴーの営業日記その⑬ 和水農場スタッフの行きつけの食事処『紋次郎』。

こんにちは。営業推進室の山下尚美です。

今回、訪れたのは熊本県と福岡県の県境の玉名郡和水町です。
2006年に三加和町と菊水町が合併してできた人口1万人の農業が中心の町です。
果実堂は2009年からベビーリーフ農場を開拓して、現在では栽培面積8ha、年間生産量80トンになっています。

そんな和水農場で頑張っている社員がランチに必ず寄る場所が『紋次郎』様です。
「自慢はカレーライスとボリューム満点の定食です。果実堂さんのベビーリーフを使い始めてサラダメニューが華やかになりました」と若大将の上原太さんは言います。

おや、テーブルでおいしそうに食べている社員を発見しましたよ。
「僕のお気に入りは豚ハラミカレーです。体が資本の仕事ですのでスタミナが大切です」と牛島さん(栽培管理部 副主任)

和水町は来年の大河ドラマ金栗四三(かなくりしそう)の出身地でもあり町も紋次郎様も活気に満ちていました。

 

(写真右が紋次郎の上原太様。実は和水開発室の上原康浩さんの親戚です。)

180715-news-p1

180715-news-p2

(写真手前が牛島副主任)

180715-news-p3

やまぴーの営業日記その⑫ 東京五反田駅から徒歩3分。居肴屋『多吉』。

こんにちは。営業推進室の山下尚美です。

果実堂のベビーリーフも豊量期を迎え、東京に出張する機会が多くなりました。
関東一円のお客様をまわって、夕方、クタクタになって東京事務所に戻ると、決まって事務所の仲間が連れて行ってくれるお店があります。

それが五反田で40年目の「多吉」様です。
昔ながらの懐かしい店内に慣れない都会での営業活動の緊張感が癒されます。

多吉の店主内藤様は「毎日、市場に買い出しに行っているので食材は新鮮ですよ。果実堂の熊本産ベビーリーフが東京でたくさん売れればよいですね」とエールを送ってくれます。

180509-news-p1

(写真左がオーナー内藤様と右が奥様の葉子様)

180509-news-p2

180509-news-p3

やまぴーの営業日記その⑪(特別版)『黒潮本流市場益城店』開店おめでとうございます!

熊本地震で被災し、長い間休業を余儀なくされていた益城町のスーパー「黒潮本流市場」様がリニューアルオープンされました。

2度にわたる震度7以上の地震で建物は大きく被災されましたが、地元の人たちの日々の生活が困らないようにと、プレハブ仮店舗で営業を再開され、地域に貢献されていました。

開店の日、お祝いに駆けつけた私に、1年11カ月前と変わらぬ青果部門の皆さまが温かく笑顔で迎えて下さり、再開を喜びました。
益城の地で共に被災し、復興を目指す企業同士、これからも共に【がま】だしましょう!

青果チーフ宮脇様『果実堂さんとの取引は2006年からです。メディアで取り上げられる機会も増えぐんぐん有名になられていく様を見守り、応援しております。これからも宜しくお願いします。』

※黒潮本流市場様の再開は新聞でも取り上げられました。 →熊本日日新聞の記事はこちら

180324-news-p1

(写真左より黒潮本流市場 白石様、山崎様、青果チーフ宮脇様)

180324-news-p2

180324-news-p3

やまぴーの営業日記その⑩ 果実堂社員の思い出がたくさん詰まった居酒屋『ひげ八』

こんにちは。営業推進室の山下尚美です。

今回は創業25年、居酒屋『ひげ八』様にお邪魔しました。

『ひげ八』様は、JRとバスと路面電車が行き交い、朝夕は通勤通学の人々で賑わう新水前寺駅前にあります。

お店の前を通ると美味しそうな焼き鳥の匂いが漂い、立ち寄らずにはいられません。

シンボルマークの赤提灯の入り口をくぐると、常連さんの笑い声で活気あふれる空間が広がっています。

果実堂も創業以来大変お世話になっていて、楽しい時も、悩みのある時も、社員研修の時も、いつもオーナー川上様の焼く美味しい焼き鳥がそこにありました。

「長年、当店をご利用頂きありがとうございます。いつも社員の皆さんの熱い議論や楽しんでいる様子を見て、元気をもらっています。」

180214-news-p1

180214-news-p2

180214-news-p3

(写真はひげ八スタッフ様と果実堂メンバー)

やまぴーの営業日記その⑨ 田園風景に囲まれた隠れ家レストラン『ビストロネージュ』

こんにちは。営業推進室の山下尚美です。

熊本県を代表する温泉地である山鹿市の『ビストロネージュ』様にお邪魔しました。

オーナーシェフ川口様は弱冠33歳。東京や大阪の一流ホテルやレストランで修業を積まれ、一昨年、地元山鹿市の田園風景が一望できるお店をオープンされました。

メイン料理はもちろんパンやデザートにも地元の食材にこだわり、食材の美味しさをぐっと引き出したお料理が堪能できます。ご家族やご友人と是非行ってみてくださいね!

川口シェフ「美味しい料理とワインを素敵な空間で楽しんでほしい。という気持ちを込めてオープンしました。妥協しない料理をお楽しみください。」

実は川口シェフは、栽培管理部 渡辺統括リーダーの幼馴染みです。

(写真左がビストロネージュ オーナーシェフ川口徳征様)

171125-news-p1

171125-news-p2

171125-news-p3