ニュースリリース

益城町津森神宮のお法使祭りに参加しました。

10/30(金)、熊本県上益城郡益城町津森神宮のお法使(ほし)祭りが小谷(おやつ)地区で開催され、果実堂の農業生産法人である果実堂ファーム山下代表取締役がみこしの担ぎ手として参加しました。

お法使祭りとは、地域の繁栄と五穀豊穣を願い、ご神体を載せたみこしを放り投げたりひっくり返したりして(珍しい)女の神様「荒神様」を迎え入れる慣わしで、その歴史は700年以上。益城町、近隣の菊陽町、西原村の12地区を一年ずつ巡回するというもの。

果実堂ファームが農場を構える小谷地区も12年ぶりの当番とあって、地元協力農家や地域住民の皆さん、大勢の観客と一緒に大いに盛り上がりました。

20091103